渋谷区恵比寿のSIerで働くエンジニアのランチ紹介season3

渋谷区恵比寿のSIerで働くエンジニアのランチ紹介season3

ここでは渋谷区恵比寿にあるSIerで働いているシステムエンジニアによる、恵比寿ランチ評をお送りします!
(本記事は、エンジニアの方からコメントをいただいてきて、ライターが編集しています。)

さぁ、今回もaddしてcommitしてみましょう!!

イエローカンパニー(カレー)

5辛まではそれほど辛くないですという店員さんの言葉を半信半疑で選んだ3辛が結構辛かった。美味しく食べられる範囲ではありますが。豚角煮とお野菜のスープカレーを注文。+150円で変更した海老スープが個人的には大当たり。スパイシーな海老のビスクにごろごろお野菜と豚角煮がしっかり入って美味しい。

ライスの上に載ってる檸檬のひとかけらの使い道が分からなくてライスに絞ってみたが、おそらく不正解。正解を知りたい。

クンビラ(カレー)

期間限定(?) バイキングランチ食べ放題を選択。『食べ放題』の響きは脳を揺らす。
カレー2種類とライス・プーリを中心におかず2種類とサラダも食べ放題なので満足度は高い。これまた限定のヒマラヤ鍋のスープは不思議な味で、一口は飲んでおきたい。
台に「激辛ソース」なるものがあったので辛さお好みでかと思いきや肉料理が普通に辛くてビビる。カレーは辛くない。さじ加減が謎。

たまきんち(カレー)

店名はたまきさんの家という意味だろうか。

日本で広く食べられている欧風カレーに柔らかく煮込んだ大きめの豚バラ肉が乗っている。豚肉は醸造酒(日本酒かな?)のようなものの香りがついており、好き嫌いは分かれるかも。

とにかくお店が狭くて、一番奥のテーブル席に至ってはソファにお店の荷物が侵略していて、カレー好きに多くみられる体型にはツラい。

三つ星(まぜそば)

東京都渋谷区恵比寿西1-13-2 サンキビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13177212/

お店の美味そう感に惹かれ予定変更して入店。

まぜそば(和牛)+パクチー大盛りトッピングでオーダー。パクチーの存在感がやや鳴りを潜めてるのでパクチーはダブルでもいいかも。卓上のトムヤムビネガーを入れることで味が粒立った気がした。赤く辛そうなビネガーは入れてみるとさほど辛さを感じないので多めに入れてもよさそう。ほぼタイ料理。

卓上に花椒も置いてあり、他の坦々まぜそばにも期待が持てそう。

昇月庵(日本そば)

ざるそば+カツ丼の定食を注文。

カツ丼のカツは小ぶりながらやや厚めで柔らか。蕎麦は普通。量もそれほど多くはないので、お腹空いてる系男子にはちょっと物足りないかも?

お値段が結構高い割りにと言う気もしますが、スタバでコーヒー飲むようなものなのかな、と。静かな和のお店でゆっくりご飯を食べる時間にお金を払ったと思えば悪くない。

らんまん食堂(唐揚げ)

唐揚げがメインで唐揚げが推しのお店。

スタンダードのしょうゆ唐揚げと、念のために追加でガーリック山椒を注文。別に足りなかったからと言って損することは何もないのにマシてしまうのはなぜだろうか。

唐揚げ推してるだけあってジューシーで美味しい。ただガーリック山椒は微妙だったかなー。プレーンな唐揚げが一番美味しい。親の顔より見たプレーンな唐揚げ。

397(居酒屋)

夜は居酒屋というお店のランチのパターン。

キーマカレーを注文。どうキーマなのかよくわかってないが、豚挽肉の入ったカレーとして美味しい。トッピングにつけた牛タンメンチは牛タンがまったく感じられなかった。メンチってそういうもんかも知れないが。

ちなみに、大盛り無料。当然大盛りで注文。

花まんまじゃが(居酒屋)

駅近くなのに絶妙に解りづらい場所なのでお客さんがあんまり入ってないように見える。

ギンポというちょっと珍しいお魚があったので注文。甘味があって銀ムツを少し柔らかく(水っぽく?)した感じ。お茶碗やや小さめ。

メニューに表記がなかったのでシャイな私はおかわりできずにいたが、意外とお腹は満たされた。と思ったら16時にはお腹が空いた。

大豊記(中華料理)

一番好きなおかず、麻婆豆腐をオーダー。粗めで噛み締めるとしっかり味がする挽肉とそこそこパンチの効いた味付。個人的にもう少しだけマーが効いててもよかったが、バランスはいいと思う。豆腐は固めの絹ごし。味は安定して美味しい。

だが、お店環境的には不満点も多かったので多用はしないかも。

今回はここまで!
次回はどんなお店がpull requestされるでしょうか?!
ご期待ください!